2005年12月28日

7日目〜予想外の事態

昼前にナースステーションのほうから、
先生が俺の名前を言っている声が聞こえた。
俺の部屋はナースステーションの目の前なので、
看護師や医者の声がよく聞こえるのだ。
なんか採血の結果に問題がありそうなことを言っていた。
白血球がどうとか。

これを聞いた時点で、なんか嫌な感じはしていた。
回診のときに嫌な知らせが待っているような気がした。

昼頃に回診。
なんか医者がいっぱいいた。
そして予想通り、嫌なことを告げられる。

「白血球が1900しかない」

らしい。
今は手術後で薬も飲んでいないので、原因がわからない。
それにしても低すぎる。

白血球千台はさすがに低すぎるとのことで、薬も飲むことになった。
更には一週間は様子を見るらしく、年内退院まで見送りになった。
退院は1月4日以降になる予定。

もし一週間で改善しなければ、血液内科に診てもらうらしい。
これ以上の難病は勘弁してください…。
posted by ホワイティ at 14:24| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。