2006年04月19日

とある障害者の就活日記B その2

さて、ここからが本番。
今日の午後は、前回めでたく一次面接を通過した、
日本電気株式会社の最終選考がある。

集合時間よりも20分ほど早く到着。
するとそれでも俺は最後の受験者だった。
その日にいたのは、俺を含めて全部で4人。
前回の選考では見たことない人もいたので、
意外と倍率が高かったのか?

まずはエントリーシートの記入。
そして筆記試験。
就職の赤本を買って、少し勉強したつもりだったが、
驚くほどに解けない。
国語のような問題はまだいいのだが、
数学的な問題になると本当にワケがわからない。
しかも試験時間が短い。

と、ここで軽く鬱になる。

続いては適性検査と面接。
適性検査をやっている間に、順番が来たら面接に呼ばれる。

適性検査は、深く考えないで、
直感で自分の性格に近いと思われるものを選んでいく試験。
問題数が多くて萎える。

適性検査を始めて30分くらいで面接に呼ばれた。
というか、俺が面接の順番は最後だった。

面接は今回は人事の方3人対俺1人という形。
やはり猛烈に緊張する。

聞かれた内容は、障害のことや志望動機など、
前回も聞かれたことを再び聞かれた。
そしてここでもゼミの研究について聞かれた。
ところが俺は知財が専門だと言っているのに、
人事の方は履歴書にたまたま書いていた、
刑法ゼミでの安楽死の発表のほうに興味をもたれたようで、
そっちについて詳しく内容を話してくれと言われた。

いやー、刑法のことを刑法知らない人に説明するのって、
本当につらかった。
一応、もしも聞かれたときのために、
レジュメを見直したりはしていたのだが、
違法性阻却とか責任阻却をなんて説明するのがいいか迷ったり、
そもそも自信の理解が浅いので、説明しにくかったり。
それでも午前中に聞かれたときよりは、ちゃんと言えたと思う。

その辺の話が終わると、だんだん面接の路線がずれてきた。
まずは内臓障害なので、食べ物は制限あるのかと聞かれたときに、
キノコが食べられないと言ったのがきっかけ。
なぜキノコはダメなのか、
それは消化酵素を持っていないからですと言い、
食物繊維も非水溶性のものはダメだけど、
水溶性のものは食べられるとか、
自分は料理が好きなので、例えばこういうものを作りますだとか、
昔それでテレビに出たことがありますだとか、
仕事とかとはまるで関係ない話が繰り広げられた。

余分な話と思われる内容で、実に面接時間の半分近くを使った。
これはどうなの?
落ちるの確定だからこんな話をしているのだとしか、
ネガティブな俺は考えられず、
そもそも筆記の成績がボロボロだから、受からないだろうなと自己完結。
そして更なる鬱モードへ。

まあとりあえずそんな感じで面接終了。
今回も和やかなものだった。

面接の後は、やりかけの適性検査を終わらせて、本日は終了。
2次選考だからか、帰りに電車代をくれたw
選考結果は1週間以内に、内々定者にのみ通知だそうな。
…あー、もっと勉強しとくべきだった…。

さて、睡眠ほぼセロの俺はフラフラしながら電車に揺られて帰途につき、
いつものごとく、地元の友人を呼んで今日の反省会というか、
愚痴を聞いてもらった。

あーあ、就活始めて1月経っていないのに、もう疲れた。
明日も合同面接会がある。
某企業の面接もある。
エントリーシートと履歴書書かなきゃ。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とある障害者の就活日記B その1

はい、今日も全く眠れませんでした。
1時くらいに布団に入って、4時まで眠れず、
昨日の悪夢がよみがえってきたのでいっそ寝ないことを決意。
しかしそれでは気を抜いたときに寝てしまいそうなので、
ずっとエントリーシートや履歴書を書いていた。

ここで気づく。
今日は合同面接会なので、何社か受けようと考えていたのに、
写真が足りない…。
時間は午前5時。
8時には家を出るので、焼き増ししている時間もない。
いっそ行かないことも考えたが、
何とかなるかなと楽観的になってみたw

んで今日は午前中はさっきも言ったように、合同面接会。
今回は学生就職総合支援センター 障害者部門の主催。

開始と共に、まずはもっとも興味のあった、
NTTグループの某子会社のブースへ。
結構人気なようで、並んでいる方もちらほら。

ここで面接をしたわけなんですけども、結果は自分的に大失敗。
志望動機などはこなせたつもりだが、
大学のゼミでの研究について、初めて聞かれ、
それの説明がまったくうまくできなかった。
最終的には自分もワケがわからなくなり、終了。
通過者には連絡するといっていたが、絶対来ないだろうな。

ただここで失敗しておいたので、2度と同じ失敗はしないと思う。

残った時間は、受けたい企業がなかったので、しばらくボーっとしていた。
すると主催者側の職員が声をかけてきて、
志望動機などが定まっていなくとも、
空いているブースに行って話だけでも聞いてくればと勧めてくれて、
企業の方に事情を説明して、案内までしてくれた。
なんて親切なんだ。

職員の方の勧めるまま、あまり関心のなかった業種を含めて、
3社ほど回ってみた。
すると、某大手カメラメーカーの人事の方を話をしているときに、
面白いことを発見した。
そのメーカーには今年から地元の友人が入社したのだが、
その人事の方は新人研修も兼ねていて、
なんと、その友人のことを知っていた。

その話が出た瞬間、面談は大盛り上がり。
世間は狭いねーなどどと話しつつ、
今度ちゃんとした履歴書を送って、
次回の選考の案内をしてもらうことになった。
世の中わからんもんだね。

12時半に合同面接会終了。
なかなか濃い内容だったと思う。
行ってよかった。

長くなるので、続く…
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。