2006年06月29日

北海道からの旅人

今日は就職で北海道に行ってしまった先輩が、
3ヶ月ぶりくらいに帰って来たので、上野で会いました。
とりあえず、先輩の同期も、俺の同期も、
ほとんどが仕事で忙しいようなので、二人で落ち合った。

てか今日は暑すぎ。
外のちょっとでただけで、汗がじわっと染みてくる。
これじゃ自慢の美白もあっという間に赤くなってしまう。

そんなわけで、昼過ぎに落ち合ってからしばらくはミスドに避難。
日がかげるのを待つw

午後4時ごろ、ミスドを出発。
アメ横で買い物をする。
先輩は全然服とかに金をかけないので、弟からダメだしされたらしい。
そんなわけで、ホワイティによるコーディネイトの旅をした。

まずは靴屋。
スニーカーではない、革のタイプの靴を見繕う。
てか、この店安くていいわ。
前にマイミクの豆柴とも行ったことあるけど、気に入ってる。
安いから、自分の分も買っちゃいましたw

お次は靴に合ったジーンズを探す。
前にこれまたマイミクののーりと行った事のある店へ。
ここの店員とは顔見知りなので、色々見繕ってくれる。

で、ちょっと季節外れながら、ブラックのストレートジーンズを購入。
先輩は北海道の住人なので、ブラックでも大丈夫でしょうw

その後、後輩のさかもと、同期のマーシーが合流。
みんなで飯を食い、そのあとはマックでおしゃべり。

午後10時半頃、俺の電池が切れてきたのと、
明日仕事や学校で忙しい方がいるので解散。
いやー、楽しい1日だった。
そして暑かった。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ブレイブストーリー特別試写会

入院中に当選した映画「ブレイブストーリー」の試写会に行ってきました。
場所は中野サンプラザ。
ちょっと早めに行って、サンモールなどを見て時間を潰した。

会場時間のちょっと前に到着すると、
そこには暑い中長蛇の列が。
今回は座席指定がないので、みんな早くから並んでいたようだ。
まあ俺は特に座席の好みはないので、
あんまり気にしなかったが、暑かったw

並んでいる人たちを観察していると、
どうもカップルよりも家族連れが多い。
やっぱりアニメ映画だからか。

さて、とりあえず軽くストーリーについて。
この映画は自分の不幸な運命を変えるために、
ビジョンという世界に旅立つ少年のお話。
そこで願いをかなえるための宝玉を集めがなら
成長していく少年を描いている。
原作は模倣犯などで有名な宮部みゆきの同名小説。

この映画、キャストが豪華。
主に声優は使わず、女優や俳優が声を担当している。
松たか子、大泉洋、ウエンツ瑛士、今井美樹など。
他にもはねとびメンバーのお笑い芸人も多数出演。

映画の感想としては、結構面白かった。
原作が非常に長いので、約2時間という限られた時間で、
どれだけ再現できるか心配だったが、
うまい具合に省略しつつ、いい形に仕上がっていた。
とは言っても、
原作を知っている人間からすれば多少物足りない感じはあり。

豪華キャストの面々も、某映画とは違い、
声優が様になっていて、あまり違和感を感じさせない。
松たか子なんか、とてもうまいと感じた。

映像もすばらしかった。
製作がGONZOという会社で、
この会社のアニメは何度か見たことがあるが、
背景が恐ろしくきれい。
空の感じなどは実写かと思うくらいだった。

そんな感じで、この映画、是非見に行って欲しいと思う。
原作を読んだことない人は、
この映画を観た後に原作を読めば絶対にはまると思う。
一緒に行った友人も気に入ってくれたようなので、
かなりお薦めの作品です。
posted by ホワイティ at 23:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

なんとなく腑に落ちないこと

世間では男女差別禁止だとか、男女平等としきりに言っているが、
なぜこれらは変えないのだろうと言うことがある。
それは夫を「主人」や妻を「家内」と言ったりする事。

よく考えれば、夫は結婚した相手であって、
その女性の「主人」となったわけではない。
普通に辞書などでも、「妻が夫を指して言う称」
とあるが、これをそのまま使うことにはどうも抵抗がある。
そもそも主従関係なんてないのだから。

同じように妻に対して「家内」というのも納得できない。
「家内」とは、そもそも妻が「家にいる人」だから
「家内」と言われるようになったそうだが、
今の時代にずっと家に閉じ込められてる妻がいるだろうか?
もしいたとしても、それが男の場合だってあるのではないか?

もっとよくわからないのは「父兄」と言う言葉。
これも昔の封建制度のなごりのようだが、
今でも普通に使う人がいる。
保護者の意味として「父兄」を使うのは、
「母」を完全に無視しているとしか思えない。
メディアや雑誌などでこの言葉を見かけると、非常に気分が悪くなる。

さすがにこのような言葉はニュースなどで使われることはないが、
そのほかの番組では聞くことがある。
使っている人はちゃんと言葉の意味まで考えて使っているのだろうか?

なんだかこれらの言葉がすでに、元の意味が脱落し、
単なる「夫」「妻」「保護者」などをを示すだけの記号と
化している実態があるような気がする。
しかし漢字は表意文字であるのだから、
これらの言葉が使われる限り、
まだまだ封建的な制度は崩れていないのだと思ってしまう。

こんなこと考えてしまうのは俺だけだろうか?
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

とある障害者の就活日記N

退院直後だと言うのに、今日は某メーカーの面接。
場所は新横浜。
体力持つだろうか…。

家から新横浜まで約1時間半。
そこから会場まで徒歩20分。
バスもあったが、どれに乗ったらいいかわからなかったので徒歩。
なまった体には正直しんどい。
しかも蒸し暑いし。

指定時間の20分前には到着。
控え室で時間が結構あったので、とりあえずトイレ見学w
ここは結構きれいなトイレで、ウォシュレットもあったので合格。

さて、約束の時間を10分くらい過ぎたところで面接開始。
今日も面接はかなり和やか。
まあまだ最初のほうの選考だからか。
志望動機というか、この業界を志望した理由とか、
就職先を選ぶ上で重視しているのはどんなところかとか、
障害についてとか、何度もどこかで聞かれたような応答。

質問はあるかと言われたときには、研修について聞いた。
すると非常に丁寧に答えてくれた。
最初に集合研修、そして工場実習、さらには販売実習もあるとか。
合宿も2泊くらいで行われるらしい。
ただ、障害があり、研修が難しいときはちゃんと考慮してくれるとのこと。

とりあえず、20分くらいで終了。
後日、知財部の人と話をしてもらいたいと言われた。
恐らく来週の頭くらいに日程を組むだろうとのこと。
これは次に進むのは確実か?

帰りはバスを利用。
もう体力的に限界でした。
2週間とはいえ、入院してると非常に体力が落ちるもんだ。
posted by ホワイティ at 19:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

退院しました

やっと家に帰れました。
6月12日から今日まで12日。
結構しんどかったです。
最後のほうは暇で暇でw

摂生を心に決めて、
今日は昼を食べて出て来たのですが、
帰り道、親父が「うまい回転寿司がある」、
と言われて連れて行かれました。
昼食ったばっかで腹減ってないのに、しかもいきなりの生もの。
食えるわけないじゃん。



…おいしかったです。




いきなり退院初日にやらかしたチョイ悪患者でした。

帰ってきたら、荷物の整理の前に食材の買出し。
これから先の食べ物を大量に買い込みました。
基本的に魚とうどん。
それ以外もちゃんと脂質をチェック。
1週間は完璧だ。

入院中は皆様からコメントを頂き、本当にありがとうございました。
非常に励みになりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
posted by ホワイティ at 22:21| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

皮膚科受診&退院決定

3日前に点滴を抜いたのですが、
その跡が未だに痛い。
しかもぽっこり腫れてしまい、
昨日は熱まで出た。

そんなわけで、今日は急遽皮膚科受診。
さっき行ってきました。

すると…

「もう抗生剤飲んでるし、特に問題ないんじゃない。」

以上、終了。
ただ風呂はしばらく避けるようにとのこと。

んで、皮膚科も問題なく、
今は飯も食えているので、
明日退院ということになりました。
およそ2週間弱の入院だったのに、
恐ろしく長く感じた。
ま、退院してしばらくは魚食べて暮らします。

以上、報告でした。

posted by ホワイティ at 10:20| 東京 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

恥ずかしながら…

くろーん40さんに言われて思い出しました(笑)

今月号のCC Japanという、
クローンや潰瘍性大腸炎を専門に扱っている雑誌に、
自分の体験談が載ったようです。

ようです、とボカして言ったのは、
自分が入院中なので、
まだ確認できていないためです(泣)

しかも実名、顔写真入りで載っています。
さらに、今日病院のS栄養士さんから聞いたところ、
表紙にまで出現しているとか。
今更ながら、恥ずかしい(笑)

て、ことなんで、どうぞよろしくです。
不良患者っぽく書いているので、
批判などもあるかとおもいますが、
それも含めて感想など頂けると、
天にも昇るほどうれしいです。
サイドにあるアドレス宛てでもコメントでも、
お好きなほうで構いませんので。

読みたい人は、三雲社のホムペか、
セブンアンドワイあたりで探してください。
自分と直接の知り合いなら、
言ってくれれば見せますし、
先着一名の方に差し上げます。

俺の他にも、マイミクの蓉さんの体験談も載っているので、
ぜひチェックしてくだされ。

以上、思いっきり宣伝でした(笑)
posted by ホワイティ at 00:08| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(1) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

歯科受診!?

昨日、ガム噛んでたら、
左の奥歯の詰め物が取れました…。
10年以上前に治療したとこみたいです。
それを主治医に相談したら、
今日歯科を受診することになりました。

全く、話題にこと欠かないもんだ。

んで、さっき行ってきました。
特に歯に異常があるわけではなく、
1mmにも満たない虫歯なりかけが見つかっただけなので、
それを治療して、詰め直しました。

しかしいつまでたっても歯医者は慣れない。
数年ぶりにかかったけど、
特に痛いわけでもないのに体がこわばる。

ま、とにかく大事にならなくて良かった。
歯を抜くとか言われたら、
せっかくのご飯も台無しになってしまう。
posted by ホワイティ at 12:16| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

小腸造影2

先程終りました。
結果は特に異常無しだそうです。
んなわけで、明日からご飯が出ます。

しかし、小腸に異常がないのは嬉しいが、
ならば詰まった原因はなんなのだろう?
炎症もなく、熱もないので、全くわからない。
また同じことにならなければいいが…。

それにしてもストーマつけての小腸造影はやりにくい。
検査中にすぐに袋がパンパンになる。
空気も造影剤もあっという間に出てくる。
下腹部に袋がついているので、
そこはあまり圧迫できないし。
できるならもうやりたくない。

とにかく、これで一段落だ。
うまく食事が上がって、週末退院したい。
posted by ホワイティ at 17:27| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小腸造影

…まだ呼ばれません。
もう検査結果が良かったとしても、
今日は飯は間に合わないでしょう。

目の前に届きそうなものがあるのに、
なかなか届かないのはイライラしますね。

…と、そろそろ入院生活にストレスが溜まってきたホワイティでした。
posted by ホワイティ at 15:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

人生苦もあれば…

先日家に一時帰宅したとき、
入院中にたまっていた郵便物を整理した。
すると、とある雑誌社からの郵便があり、
なにか懸賞に当たったのかと思い、
ワクワクしながら封を開けた。
すると…

「厳正な抽選の結果、下記にご招待いたします」
と言う手紙とともに入っていたのは、

映画「ブレイブストーリー」特別試写会

でした。

やった!
俺はこの原作が大好きだから、
ぜひとも行きたいと思って応募したのだった。
当たらないだろうと思っていたら、
当たってしまった。
入院中でもいいことあるもんだ。

これ来週の水曜なので、それまでには退院しないと…。

あ、MRIの結果出ました。
小腸には問題ないらいしのですが、
なんか盲腸の辺りに炎症があるとか…。
ちょっと意味がわかりませんが、
これはしばらく様子見らしい。

んで、明日小腸造影をやって、
問題なければ食事開始だそうな。
造影は午後からなので、
早ければ夕食、遅いと水曜の朝からになる。
まあ、なんでもいいから早くご飯が食べたい。
posted by ホワイティ at 16:52| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

結局

食事はまだ再開されませんでしたと。
なぜなら検査結果が上がってこないで、
しかも家に帰ったりしてたんで、
そのまま土曜に突入してしまったから。

てかどうせ後小腸造影やらないと、
食事は再開しないみたいだし。
カルテにそう書かれてるらしい(泣)

でもよくわからないことに、
点滴が一日五本から四本に減りました。
意味がわかりません。
なぜ点滴の量だけ減らす?

答えは簡単だった。
単に主治医がラコールまたはエレンの
処方をするつもりだったのに、
忘れていたからだった(泣)

ってわけで、空腹のまま月曜まで過ごします。
入院中の土日ってほんとに退屈だから嫌い。
posted by ホワイティ at 23:51| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

現在の状況

空腹感が最高潮。
とにかく腹が減った。
昨日鼻からの管も抜け、
腸も順調に動いているようだ。

そして元気になってきたので、非常に退屈。
緊急入院で来てしまったので、
暇を潰すための物がなんにもない。
売店には読みたい本がないし。

以上が元気になってきた俺の現在です。

ちなみに今日はこれからMRIの検査。
結果次第では飯が出るとか出ないとか。
検査後は一度家に帰る予定。
posted by ホワイティ at 13:59| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

入院までの経過

6月12日の朝、軽い腹痛で目が覚める。
昨日少し食べ過ぎたので、軽い胃炎だと思い、胃薬を飲んで二度寝。

数時間後、だんだん強くなってきた腹痛に違和感を覚える。
食事は固形物を食べる気がしなかったので、ラコールを飲む。
そして病院に行くことになってもいいように、
痛みを堪えながらメガネの修理に行った。

昼過ぎ、とうとう堪えられなくなり、親に助けを求めた。
仕事中にも関わらず来てくれたので、一路S保病院へ。
車の中、病院の待合室と問わず、痛みで声が出る。
時間がたつほどに痛みが増すようだった。

病院では救急外来だったためか、かなり待たされた。
しかも先に検査しろと言うことになり、
痛い中レントゲンとCTを撮った。
そして緊急入院と言うことになり、病棟に上がる。
ここでやっと痛み止を使ってもらえた。
ほんとに死ぬかと思った。

ところが予想通りというか、痛み止の効果が薄い。
それでいてあっと言う間に切れてしまう。
仕方ないので、お腹を温めるなどでしのぐしかなかった。

一本目の痛み止が終わった頃に医師がきて、
胃や腸から異物や空気を出すために、
鼻から管を入れた。
今回はとりあえず太いイレウス管ではなく、
胃まで入る細い管で様子見。

当日はそんな感じで、
その後も痛みが酷くて、明け方までなかなか眠れなかった。

posted by ホワイティ at 11:32| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

検査結果

腸閉塞のようです。
レントゲンによると、胃と小腸上部がパンパンになっているとのこと。

でも急いで手術する必要はないそうなので、
しばらくは絶食して、鼻から管通して様子見です。

二日経った今日はずいぶん体調もよくなったので、
そんなに長い入院にはならないかと。
入院当日のことなどはまた後ほど…。
posted by ホワイティ at 12:07| 東京 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

入院しました

突然、原因不明の腹痛に襲われました。
詳細はまた後日…。
posted by ホワイティ at 12:02| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

よろしく〜ねっ トリック劇場版2(できるだけネタバレなし)

昼に突然父からメールが入り、
これからトリック観に行くぞと言われ、
唐突ながら行ってきました。

父と母と3人で出かけるのはかなり久しぶり。
場所は最近できたアリオ亀有。
場所と言い、昨日から公開と言うこともあり、
混んでいて観れないかもと思っていたら、
意外とすんなり席が取れました。
やっぱ全席指定の映画館はいい。


ストーリー〜
ある日、上田次郎のもとに青沼という青年がやって来て、
10年前に筐神佐和子に連れ去られた
幼なじみの美沙子を連れ戻してほしいと相談を持ちかける。
山田は当然のように奈緒子を巻き込み、
2人はいざ筐神島へと乗り込むのだったが…。


相変わらず、ギャグや小ネタが満載で笑える。
特に今回はCMでも流れているように、
お笑いコンビ「ゆーとぴあ」の二人のが出演し、
持ちネタの「よろしく〜ねっ」がいい味を出している。

ただ物足りなかったのは、
トリックがすでに何度もドラマなどで使われたものであって、
新鮮味が無く、しかもすぐにわかってしまう。
謎解きという部分では多少の難あり。

それと、とあるキャラクターの活躍シーンがほとんどない。
面白いところはあるのだが、やっぱり物足りない。

今回は謎解きというより、コメディー的な要素が多い作品だと感じた。
ここもトリックの醍醐味のひとつではあるので、
物足りない部分はあるが、結構楽しめた。
ただ前の劇場版でも感じたが、
映画館で観る必要はあまりないかな、とも思った。

最後に一言。
上田はルフィであり、ネオ(某SF映画主人公)でした。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

内定者懇親会、再び

今日は某外資系銀行の2006年度業績発表のパーティーだった。
もう切ることは決めていたものの、俺は参加してきた。
理由はひとつ。
前にも会った内定者の仲間に会いたかったから。
前回は連絡先の交換を忘れてしまっていたため、
こういう場でないと会うことができない。

18時に集合。
場所は虎ノ門にあるホテルオークラ。

パーティーは2部構成。
第1部は業績発表と、優秀者の表彰。
そして来期の目標について。

はっきり言って、内定者の俺には全然わからんかったw
専門的な用語ばっかでちんぷんかんぷん。
ただ、この職場の雰囲気についてはつかむことができたと思う。

第2部は立食形式のパーティー。
いろいろな催し物や、抽選会があった。
ただ、内定者は当然ながら抽選会の対象外ですが。

このパーティーにはグループの社員がかなり参加しているようで、
人がとても多かったが、
目的の仲間にはちゃんと会うことができた。
就職活動状況などはあとで話すことにして、
とりあえずパーティーを楽しんだ。

面接でお世話になった人たちや、
なんと頭取の方や取締役の方(外人)と話す機会もあった。
とても気さくな人たちで、
外資系らしくオンとオフはしっかりと分けている感じがした。

パーティー終了後は、ホテルのカフェで内定者の仲間達と談笑。
周りに社員の方々がいないことを確認してw

今日参加していた仲間は7人。
二人は先に帰ったので、5人で内緒話。

こういう仲間で話すのはやっぱり楽しい。
話を聞くと、ここに就職を決めたのは、なんと5人中1人だった。
先に帰った二人もまだ決めかねているらしい。
みんなの目的も俺と同じように、この仲間と会うことだったようだw

ただ俺がまだ就職先を決めかねているのと違って、
他の仲間たちは、どこに行くかはほぼ決まっているようだった。
話をしていると、みんなちゃんと、
やりたいことやキャリアプランが定まっていた。

俺はどうなんだろう?
調子を合わせていたものの、
俺が本当にやりたいことってなんだ?
今更ながら、こんな疑問が浮かんでくる。
この土日でしっかり自分を見つめ直そう。
そう思った。

23時ごろに解散。
今度はちゃんと連絡先を交換し合った。
この仲間たちとこの先会うことがあるかはわからないが、
非常に有意義な時間はすごせたと思う。

…利用する形になってしまった企業には非常に申し訳ないと思います。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

あ〜、迷う

先日病院から事務職として正式に採用するという連絡をいただきました。
まあ、健康診断まで行った段階で、
もうほとんど決まってはいたわけですが。

そして今日、内定通知書と内定承諾書が届いた。
一応連絡を受けたときに、少し待って欲しいといって、
来週の頭まで猶予はもらいましたが、
ここらで本当に進路を決めなければならない。
もうこれから先に、受けるところなんて1つか2つしかないし、
そこは受かるともあまり思えないので。

今現在、内定は3つ。
このうち金融については切ることは決めているので、
実質は二者択一。
1つは某大手部品メーカー。
そしてもう1つはこの病院事務。
とうとう選択の時迫る。 

前にも似たようなこと書いたけど、ほんとどっちも捨てがたい。
メーカーのほうがキャリア積めそうで、
自分が学んできたことも使えそう。
ただ体を考えると、病院事務は魅力的。

色々と情報を探ってみると、
この病院は全国展開していて、医療関係ではかなり有名らしく、
公的病院であるため、つぶれる心配もない。
立場も半分公務員的。
そしてその病院系列の中でも、俺が受かったのは中心的存在。
環境も働きやすいであろうとのこと。
看護士の伯母に聞いたところ、そんな情報が出てきた。

さらに、給料についてネットで検索してみると、
意外とそこまで悪くはなさそうだ。
ググったところ、こんな表を発見。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/11/dl/s1109-7d06.pdf

この表の中の、公的病院の事務職に該当すると思われる。
この通りだとすると、メーカーとあまり給料は変わらなくなる。

先日のオフ会でも、くろーん40さんと、
病院事務でのキャリアプランについて語り合ったことがあり、
自分次第では可能性は結構広がりそうではある。

ただだからと言って、メーカーも捨てがたい。
大学の先生はこちらのほうを推している。
このメーカーがいないと生きていけない企業がたくさんあり、
つぶれる心配はなく、
知的財産の分野に非常に力を入れているので、
この先とても注目される可能性があるそうだ。

何度同じようなところで悩んでいるのだろうか。
しかし色々なことを知れば知るほどに難しくなってきた。
考えられる猶予はおよそあと5日。
俺の就活もいよいよ大詰めか。

これを読んだみなさん、意見があれば是非とも聞かせてください。
もちろん最終的に決めるのは自分だけども、
切実に色々な人の意見が聞いてみたいです。
posted by ホワイティ at 23:55| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

いつの間にか…

祝☆ブログ開設1周年!


正確には5月29日で1周年なわけですが。

もう1年かぁ。
よくもまあ、今まで日記も3日坊主だった俺がここまで続いたもんだ。
それもこれも、飽きもせずに読んでくださる皆様のおかげでございます。

しかしこの1年は本当に色々なことがあった。
ロースクールの入試から、同じ病気の仲間との出会い、
初めてのオフ会、体調崩して入院そして手術。
んでもって今は就活。
ほんと、激動の1年だった気がする。

これからもブログは続けていきますんで、よろしくお願いします。
これからの1年は一体どんな1年になるのかなぁ?
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。