2006年08月03日

岡田君に笑わせてもらった@ゲド戦記

今日はゼミの後輩のW辺君こと、
Mixi名つとむ君とゲド戦記を観に行った。
公開間もないのも関わらず、つまらないと言う評判を結構聞いたので、
真偽のほどを確かめるために行って来ました。

とりあえず、いきなり感想を言ってしまうと…。


評判どおりだった


少なくとも俺にはそう感じられた。

とりあえず、絵はいい。
相変わらず、ジブリって感じだったし。

歌もテルーの歌はいい曲だと思ったし、
悪くないんじゃないかな。

悪かったのはまずは声優の選択だね。
俺は元々俳優やアイドルが声優をやることに反対な人間なんだけど、
それを抜きに考えても、岡田准一はないと思った。
セリフは棒読み出し、下手もいいとこだった。
あまりの棒読みっぷりに、途中笑ってしまうところだった。

岡田准一が悪かったせいか、他はあまり悪いとは感じなかったかな。
手嶌葵はちょっと微妙だったけど。

それと、話の内容とか演出もだめ。
内容を詰め込もうとしてたのか、とりあえず意味のわからない仕上がり。
演出も全く褒められない。
最後までどこが盛り上がるシーンなのかすらわからなかった。

同じ第一作で、どうしても親父と比べてしまう。
風の谷のナウシカはもっと面白かったと思う。

宮崎作品にはいつも何かしらの教訓というか、
メッセージのようなものが隠されていると思うのだが、
これについては隠されているどころか、それが前面に出ている。
っていうか、出すぎなので逆に興が冷める。

この映画は本当にCMだけで全てを語っている気がした。

ってわけで、俺の評価はとても低いです。
映画館に足を運ぶ必要はあまりないかと。

…逆の感想を持った人、ごめんなさい。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。