2006年10月17日

俺(俺たち)は負けたのか?

※Mixi日記より抜粋

今日はoreanoとマーシーと新宿で遊んだ。

とりあえず、マーシーがシャツを買うというので、
新宿のマルイシティーへ。

今思うと、これが間違いだったのか…。


マルイシティーをちょっとぶらつき、
いつも俺が買っている、メンズメルローズへ。
俺が好きな店員さんもいたので、
探し物が見つけやすいかと思い、入ってしまった。

服を探していたのはマーシーだったので、
彼の服を店員さんがいろいろチョイス。

この店員さん、話がめっちゃうまいし、面白いんだ。

あれ?インナーって言ってたのに、
マーシー君、ジャケットとかコートまで着てない?

あれ?なんか帽子にまで手が伸びてるよ?

横でマーシーの物欲を掻き立てる店員。
…と、oreanoと俺w

結果、そこは社会人のマーシー。
上半分のコーディネートすべてを購入。
しかもその場で全部着替えちゃったよ。

彼の勇姿に俺たちは感動した。

しかし、戦いはまだ終わっていなかった。


店員は次にoreanoに照準を定めた。

oreanoは買うはずがない。
俺はそう思っていた。

ところが、店員のしゃべりと、
マーシーの買いっぷりにテンションが高揚していたoreanoは、
なんと熱心に店員の勧めに耳を傾けていた。

そんなoreanoを挑発する俺。
この後に悲劇が待っているとも知らずに…。

そしてoreano、まさかの購入。
赤いカードまで作ってるよ〜。


さて、二人とも買ったし、帰るか。
そう思っていた俺に、oreanoが一言。



「今度はお前の番だよ」



は?
俺最近買い杉だって言ったじゃん。
Mixiの日記にも上げたじゃん。

そこにすかさず店員さんが


「君にはこれだよ」


と、以前から勧めていたストールを差し出してくる。

なんだ?この連係プレーは?
アイシールドばりに息ぴったりじゃないか。

しかもジャケットとか高価なものだったら断りやすいのに、
それほどでもない値段のものを出してくる。

この予想だにしなかった攻撃にうろたえる俺。

横にはすでに買ったものに身を包んでいるoreanoとマーシー。

戦況は圧倒的不利。
しかしここで引くのも勇気だ。


結局、その場のノリに屈した俺はストール購入w
彼らに合わせ、俺もすぐに身に着ける。


俺は、俺たちは勝ったのか?

ちがう、俺たちは負けたんだ。
物欲に負けたんだ…。
そしてあの店員に負けたんだ…。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。