2006年05月14日

ストーマってなあに?

今更ながら、ストーマってなに?
という質問を受けるので、簡単にどんなものか書いておこう。

ストーマっていうのは、人工肛門のことで、
腸になんらかの障害がある人のために、
腹壁に穴を開けて腸の一部を出して、そこから排便をするのです。
有名なところだと、俳優の渡哲也さんも人工肛門をつけています。
ちなみにこのような人工肛門や、人口膀胱をつけている人を
オストメイトと呼びます。
最近トイレなどでこの言葉を見かけることも多いはず。

腸の一部から直接便が出てくるので、
普通の便のように出すのを我慢することはできません。
さらにはおならのようなガスも出てきます。
つまり、そのままでは便が垂れ流しになってしまうので、
パウチと呼ばれる袋をお腹につけて、そこに便を溜めます。
んで溜まったら、トイレに行って排泄。
パウチはモノによりますが、大体3〜5日で交換。

人工肛門にも、いくつか種類があり、
小腸部分に作るのをイレオストミー。
大腸部分に作るのをコロオストミーといいます。
イレオストミーは小腸を通った段階で出してしまうので、
便が固まらず、半液体状態で出てきます。
また、大腸で水分が吸収されないので、脱水にもなりやすい。
コロオストミーの場合は、大腸で水分が吸収されるので、
普通の便に近いものが出てきます。

俺は大腸に潰瘍やら癒着やらろう孔があり、炎症が非常に強いので、
大腸を休める目的で人工肛門をつけております。
大腸に便が行かないようにしているので、
飛び出てる腸は、小腸の末端部分です。
場所としてはへその左下の当たり。
ちょうどベルトが来る位置なので、結構難儀。

こいつは手術で作られるのですが、
初めて見たときは非常に気持ち悪かった。
なんせ自分の腸を生で見ているのだから。
しかも手術直後は浮腫んでいて、結構大きい。
ほんと、泣きそうになりました。

そしてパウチの交換が結構面倒。
パウチは接着剤のようなもので肌にくっついているので、
交換のときはこれらが残らないようにきれいにしなければならない。
それにちゃんと清潔にしないと、便が肌にくっつくもんだから、
皮膚が荒れてしまう。
もちろん洗うときには自分の腸にも触れることにもなります。

想像してください。
自分で自分の腸を洗う姿を。
話だけなら軽いホラーですw

んでパウチの交換をサボっていると、肌が荒れるし、
さらにはパウチから便が漏れてきます。
寝ている間に便が溜まりすぎたときにも、便が漏れます。
慣れないうちは朝、気づいたときには便にまみれていることもありますw
そんな日は一日ブルーです。

だからと言って、悪いことばかりではないのです。
前にも書いたように、人工肛門をつけてから、
炎症が強い部分に悪影響が少なくなったため、
体調が非常にいいです。
食べられるものは非常に増えました。
急にトイレに駆け込むこともなくなりました。

また人工肛門をつけることによって、障害者手帳を取得できます。
それによって様々な恩恵を受けられます。
俺にとって一番大きかったのは、
就職において障害者枠を利用できるところか。
企業としては手帳を持った障害者を採用すれば、補助金が出る。
こっちとしても、病気があることを理解してもらいながら働ける。

ちょっと話はそれたけど、人工肛門とはまあこんな感じです。
俺は一応期限付きのオストメイトだけど、いつまでかは不明。
もしかしたら、数年はこのままにしておくかも。
だって調子いいんだもんw
【関連する記事】
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 初めての人はこれを読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホワイティは、ネットで炎症や非常を理解しなかった?


Posted by BlogPetのプーチン at 2006年05月15日 11:30
>想像してください。
>自分で自分の腸を洗う姿を。 
 
たしかにちょっと怖いような(^_^;)

でも調子よさそうでなによりです(^o^)
Posted by くろーん調理師 at 2006年05月15日 11:42
就職活動で、人事の人に障害の内容を説明する必要があるかと思いますが、
そのようなとき、今回書かれているようなことについて、人事の人はどれくらい理解されていらっしゃいますか。
毎回、時によっては、もうお会いする機会もない会社、担当者に説明するのは、大変かつ勇気の要ることだと思います。
偉いですね、ホワイティさん。
ホワイティさんのような方がいらっしゃるってことが、社会にとってとても大きなことだと思います。
何もできないですが、応援しています。
Posted by blessing at 2006年05月16日 01:04
>くろーん調理師さん

怖いでしょ〜w
でもこれのおかげで調子が良いと思えばなんとか…。

>blessingさん

毎回面接官に障害について話すのは疲れますね。
でも、僕は自分を障害者だとは思っていないので(爆)、
現在の健康状態を説明している程度だとしかおもってないですw
Posted by ホワイティ at 2006年05月17日 02:57
ホワイティ様、初めまして。
ウロ持ちのYoshihiroと言います。
ストーマの仲間に、ウロストミーと言うのも有ります。
いわゆる人工膀胱ですね。
サイトとブログを開設しておりますので、一度ぜひご覧下さい。
Posted by Yoshihiro at 2006年05月24日 00:36
>Yoshihiroさん

どうも、初めまして。

ウロストミーについては、知ってはいたんですが書くのを失念していました。
サイトとブログ、ぜひ遊びに行かせていただきます。
Posted by ホワイティ at 2006年05月24日 03:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17827044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。