2006年10月16日

命の尊さ@ワールドトレードセンター

今日はかなーり久々にお台場に逝ってきました。
そこで観た映画がこれ。

え?誰と行ったって?
そんな野暮なことは聞かないでw


この映画は実話を元にした、
9.11テロで瓦礫に埋まった人々を助けようとし、
生き埋めになった警察官と、
その家族を描いた人間ドラマである。


正直、最初はアメリカを正義とした、
テロとかに対する武力行使を正当化するような作品かとも思った。

しかしこの映画は、そんな描写はほとんどない。
生き埋めになった仲間を必死に助け出そうとする人々と、
その無事を願う家族の映画。
映画を語るなら、それで十分な気がする。

人間本来の、助け合うという姿がとても強く描かれている。
テロという、片や悪の行為があるからこそ、
こういう描写が生きてくるのかもしれない。


ただこの映画、最後の大どんでん返しや、
ものすごいアクションといったエンターテイメント性はちょっと低い。
そういうのを期待していた人には物足りないかもしれない。

俺としては、こういう映画も結構いいかも。
見終わった後に、心がキレイになったような気がする。
そんな映画でした。
posted by ホワイティ at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。