2007年01月25日

郵便局の簡易保険

昨年の入院と手術の保険請求を先日致しました。
親が簡保に入っていてくれたおかげで、
それほど額は高くないが入院しても保険が下りる。

郵便局の簡保のいいところは、
保険証書と印鑑と診断書さえあれば、
請求したその場で保険金が受け取れるところ。

先日保険請求したときも、
てっきりその場でもらえると思っていた。

ところが局員の姉ちゃん。

「すでにかなり請求しているので保険がもう下りない可能性があります」

とか言い出しおった。

「審査にかけるから、2週間ほど待ってください」

などど言われてしまった。


おかしいなぁ。
確かに同一の疾患で入院した場合、
1年間の支払い限度日数とかはあるが、
たしかまだ50日分くらいは残ってたはず。
今回のために小さい入院のときは請求しなかったんだし。

これじゃなんのために保険料を(親が)支払ってるかわからないよ。


んで今日。
郵便局からお知らせがきました。

「以下の通り入院保険と手術見舞金をお支払いいたします」


キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!


請求分ちゃんと保険金下りました。

おそらく請求する回数が多いから、
虚偽じゃないかどうかの確認をしていたのだと思われる。

はぁ、入院回数が多いのも考えものだなぁ。


そういえば、今日病院で栄養士の先生に、
クローン患者でも入れる保険があると言う話を聞いた。
たしかくろーん40さんもそんな記事を書いていたような気がする。
ちょっと調べてみよう。

栄養士の先生の話では、
半年くらい入院しなければそれほど掛け金も高くなくて済むとか。
入れるようならちゃんと入っておこう。
posted by ホワイティ at 04:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お返事アリガトウございます。今はストーマを着けるか
レミケードで様子を見るかで先生と相談中です。
私は大阪在住なのでお会いできないでしょうが大変助かりました。 これからもチョクチョク覗きに来たいと思います。
Posted by お〜神よ!! at 2007年01月25日 14:06
>お〜神よ!!さん

参考になったならよかったです。
ストーマかレミケってことは、結構調子よくないんですね。
先生とも相談して、いい治療法が選択できるといいですね。
Posted by ホワイティ at 2007年01月27日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。