2005年10月16日

ロースクール入試第4戦@立教中間報告&第5戦@学習院

まずは今日行ってきた学習院の第2次試験から。
てか昨日、全く眠れず一睡もしていないと言う最悪のコンディションで戦地へ赴く。
昼にちょっと寝てしまったのがいけないのか…。
おかげで寝坊する心配だけはなかったが、試験中に寝そうだった。

ちなみに最初に注意点。
ここの出題方法はかなり独特。
主要な上3法(憲法、民法、刑法)については論述形式。
その他の4つは穴埋めか簡易記述、正誤判定。
今までにないスタイルだ。

1限目:民事法
問題1の第1問は民法の穴埋め。
正直論述だけだと思っていたから、ちょっと以外。
まずは契約各論。
契約にはどんな種類があって、要物契約ってどんなもの?ってのが聞かれた。
それから債権譲渡の対抗要件。
さらに抵当権者の不法占拠する第3者に対する請求について。
あとは遺産分割。
穴埋めの最後は被補助人の権能。

第2問は論述。
動産の二重譲渡に関する事例問題と、危険負担についての問題。

正直、穴埋めは条文漁ってれば書けたっぽい。
ただ論述は手付とかまで出てきてて、ちょっと怪しいなぁ。

問題2は商法。
簡単に言うと、株式買取請求権を認めるケースはどんな場合があるか。
それとその趣旨。
これが穴埋めと正誤判定で出題された。
次が手形小切手。約束手形の正当な所持人が、
満期に振出人に対して手形金の支払いを請求する場合について。

この二つ。
これも条文漁ってれば、答えは見つかる。

問題3は民訴。
なんか聞かれてること自体は多いから、書きづらいなぁ。
第三者の訴訟継続とか、独立当事者参加についてとか、
文章に関連深い条文を挙げろとか、
次の場合の参加形態として適切なものを書けとか。

結局これも六法見てれば答えは見つかる。
民事法はこんな感じ。


2限目は刑事法。
こいつが今日一番の難問。

まず最初が刑法。
はっきり言って何書けばいいかわからなかった。
書こうと思えばいっぱい出てくる。
恐喝やら、自殺教唆、窃盗、強盗、不作為の殺人、強盗殺人。
これが一人分の罪責かよと。
問題文は長いから省略。見たかったら、連絡ください。

次に刑訴。
これも分けわからない。
民事法と違って、条文あさっても全く出てこない。
てかこの学説は何説と呼ばれているかなんて、聞くなよ。
穴埋めのほかにも簡易記述があった。
おとり捜査についてと、厳格な証明と自由な照明の意義についての二つ。

刑事法は終わった瞬間にため息がたくさん聞こえた…。


最後に公法。
憲法は民法733条の女性の再婚禁止期間の合憲性についてと、
それによって受けた精神的苦痛に対する国家賠償法による慰謝料請求ができるか。

ここで俺の体力が限界に達する。
とにかく眠い。
とりあえず結論だけ言うと、733条はLRAから違憲。
慰謝料請求はできますとしました。
もう国賠については考える力がなかった。

それでも次に行政法。
行政手続に関する正誤問題と、あと選択問題がひとつ。
最後に簡易記述。
行政罰と義務付けの訴えについてそれぞれ説明しろとのこと。

これは前半はまあ知っているところだったから、何とかなったかな?
後半の簡易記述は条文丸写しでしたww


以上、本日の試験について。
結論としては、刑事法が足引っ張って、かなり厳しいでしょう。
12月の国立までがんばろう…。

それと、先日受けた立教の2次試験なんですが、

なんと、受かってしまいました。

これで初めての面接行きです。
ただ、落ちた人はあんまりいないらしいので、倍率の高い面接になりそうだ…。

30日が試験の日。
なんとかこれで終わらせたい。
posted by ホワイティ at 23:03| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でかした!!
U先生によろしくいっておこう。
Posted by sibainu5号 at 2005年10月17日 00:59
すごい!おめでとう!!

面接も頑張れぃ♪
Posted by ズ at 2005年10月17日 15:12
>sibainu様&ズさん

どうもありがとうございます。
まだ難関である事には変わりないですが、がんばります。
Posted by ホワイティ at 2005年10月18日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8227025

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。