2007年01月27日

外来日

今日は退院して2週間後の外来。
ついでにもう一度やり直したツベルクリンの判定。

予定では3時から採血、4時から診察だった。
ところが、目が覚めたら2時。
家を出たのが2時半。
郵便局に寄ったり、定期を買ったりしていたら、
病院に着いたのが4時。
思いっきり遅刻しますたw

外来では、ケイ†さんともりもりさんとお会いした。
昨日ケイ†さんからメッセージを頂き、
初めてお会いすることになっていた。

病院での仲間の作り方や、すごし方をお話したかな。
まあ、俺のやり方では不良患者になってしまうけどw

診察は特に問題なかったかな。
CRP 0.1
ヘモグロビン 11.1

ただ白血球が1890しかなかった。
風邪ひいたらやばいなぁ。
そのため、サラゾピリンを一旦中止。

あとツベルクリン判定は、やっぱりグレーソーン。
おかげでレミケは出来ないことに。
こりゃ摂生して再燃しないことを願うしかないな。

外来の後はお決まりの入院患者さんの回診w
結局病院出たのは面会時間をとうに過ぎた9時。
帰りは松屋で豚丼食べて帰りました。
そういや、摂生するって言った気がするけど、
まあ気にしないw
posted by ホワイティ at 01:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

オペ記録2

5日目…

ガスも便も出るようになって、
約10ヶ月使用していなかった大腸が動き始めた。

さすがに痛い。
お腹が動くたびに痛い。
便が貯まってくると、特に気持ち悪い感じがして、
すぐにトイレに走る。

それでも便の回数は10回にも満たないくらい。
思っていたよりは多くもないし、
便の我慢も思っていたよりも出来る。
やっぱりストマのときもちょくちょく便のようなものが出ていたので、
肛門を使っていたおかげなのだろうか。
そのせいか、買っておいた尿取りパッドなども使わずにすんでいる。

痛みはあるが、腸を動かさないといけないので、
痛みを我慢して病棟内を歩き回っていた。
飲水は300ccまでOKになる。


6日目…

便の調子は相変わらず。
痛みも相変わらず。
ところどころで痛み止めのソセゴンとロピオンを交互に注入。
でもそんなに効いてる気がしない。


7日目…

天気の悪い日。
天気が悪いと傷が痛む。
気圧の変化とかが関係あるのかな?

そんなわけで結構調子は良くなかった。

それでも今日から食事開始。
朝は流動食。
しかし昼からはいきなり3分粥に格上げ。
先生曰く

「流動食は水みたいなものだから、3分粥食べてみようか」

とのこと。

食事を始めると、当然ながら便の回数が増えた。
ややきつかった一日。
でもご飯は全部食べた。


8日目…

前日とは打って変わって快調。
便の回数はあまり変わらないが、とにかく調子がいい。
便もやや固まってきた感じ。

昼ごろに開腹したほうのお腹の傷の抜糸。
前回の倍以上の傷だったので、抜糸が結構痛かった。
ストマ痕のほうはくっつきに時間がかかるため、後日。

それから、もう外科から内科に転科。
ほんの一週間で移るなんて、かなり順調ということなのか。

ただ内科の方がゆっくりと様子を見るため、
食事についてはしばらく3分粥でいくらしい。


9日目…

相変わらずの快調。
そして調子が良くなってきたため、病室にいる時間も減ってきた。
とりあえず歩き回っていた。

夜は病気仲間と一階のロビーで談笑。
消灯時間まで楽しいときを過ごすようになる。


続く…
posted by ホワイティ at 15:45| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

今回のオペ記録

ちょっと記録的な意味合いが強い、
今回のオペの総まとめ。

手術当日(1日目):
昼ごろにストマを手術用のクローズのパウチに張り替える。
なぜか処置室ではなく、観察室で。
終わったら、肩にボーっとする注射を射って、
ストレッチャーで運ばれる。
ストレッチャーに乗った辺りで、もう記憶はない。

5時ごろ?
全身麻酔から目が覚める。
ものすごく寒い。
尿道に管が入ってるのに、なぜかすごい尿意。
痛みも結構激しかった。

症状観察室で一泊。
麻酔から覚めたばかりなのに、意識ははっきり。
全然眠くもならない。
だから結構きつかった。
1時間ごとくらいにくる検温とか血圧測定もうざかった。
体の位置を変えるのも痛くてしんどい。


2日目:
午前中、相変わらず屈辱的な尿管の洗浄。
感染したら、それこそ最悪だけど、やっぱり嫌だ。

昼過ぎに一般病棟に戻った。
とにかくまだつらいから、寝てた。
妹と母が来ていたようだが、
つらかったので相手する力もなし。
なんか邪険に扱ったような記憶もある。

つらいと、光を見るのも嫌になる。
部屋の電気は点けず、携帯やテレビの画面すら苦しい。


3日目:
「昨日一日ずっと寝てたから、もう歩けるでしょ」
という言葉と共に、いきなり立たされ、
診察室まで歩かされた。

普通座ったり、立ったりとかの後じゃないの?
しかも、Oさん俺の担当のチームじゃないじゃん。
とか思いつつも、やってみると意外とできるから不思議。

その後も2,3回、起きて歩いてみたりした。

4日目:
やっと尿道の管が抜けた。
抜くときもやっぱり痛い。

ただ、もう起きたり歩いたりはかなりスムーズにできるようになった。
前日との違いは明らかなほど。

午後には待ちに待ったガスと便が出る。
無事に腸はつながったようだ。
ただ久々に大腸を使ったので、便が貯まると結構痛いし、気持ち悪い。
それにまだオナラと便を分けることも出来ない。
ってか、オナラの仕方を忘れた。


…続く
posted by ホワイティ at 01:58| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

あう〜、腹が痛い…

なんだか一昨日にインフルエンザの予防接種をしてから、
すこぶる調子の悪いホワイティです。

昨日なんかそれで遊びに行っちゃったから、
余計にキました。
帰りの電車ではお腹がなりまくり、
めちゃくちゃトイレに行きたくなり、
終いには電車の揺れすらも気持ち悪くなった。

家に帰ってから、風呂に入ったら、
今度は足が鉛のように重くなった。
もう即寝を決意。

家では妹が風邪ひいてるし、
それももらってきたのかな?

今日は今日でまだ本調子じゃない上に、
余計な出費&思いっきりの痛手を出先で食らって、
正直そうとう凹んでおります。

だれか助けて〜。
posted by ホワイティ at 00:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

退院しました

本日無事(?)出所しました。

しかし前日から鼻風邪ひいてます。
くしゃみと鼻水が止まりません。
くしゃみも流石に10回越えると腹にこたえますw

さて、今回の入院はほんと好き勝手しました。
Mixiの日記見てる人は知ってる思うけど、
病室で王将パーティーしたり、
夜はクローン仲間で夜会をして、
平気で消灯時間をぶっちぎったり、
点滴つけたまま野球やバドミントンしたり。
挙げればきりがありません。
看護士さん、お世話かけてごめんなさい。


さて、今回の入院でとうとうストマを外し、
再び自分の肛門を使い始めました。
まだまだ便の回数は多いけど、
おおむね順調です。

そんなわけで、そろそろこの〜ストーマ激闘編〜、
という副題を変えなければ。
現在候補を探しております。
なにかいい案があったら教えてください(ぉぃ)
posted by ホワイティ at 23:14| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

退院決定

うわっ、気付けばめっちゃ放置してた。
全然更新しなくてごめんなさい。
別に経過が悪いわけではなく、ただサボってただけです(汗

術後は多少つまずきかけたりもしたけど、
概ね順調です。
今は普通の白米にやや軽めのおかずを食べてます。

そしてとうとう今週末に退院することになりました。
入院記録は、退院してからやる気があったらまとめます(笑)

とりあえず、俺は元気です。
posted by ホワイティ at 23:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

術後報告

ちと遅くなったけど、無事をお知らせします(笑)

手術は大体五時間くらいだったのかな。
予定通り、大腸の部分切除とストマの閉鎖は完了。

ちょっと予定外だったのは、
小腸を少しと、盲腸まで切ったこと。
なんでもストマのすぐ近くに潰瘍があったらしい。
こないだの大量出血はこれが原因だったのかも。
盲腸はなんか普通の5倍くらいの大きさになってたらしい(笑)
炎症を起こしていたわけじゃないけど、
気になるからついでに切ったそうな。

術後すぐはやっぱりつらかった。
体中痛いし、全然動かせないし。

でも3日目には歩けるようになったし、管も全部抜けた。
我ながらすごい回復力だ(笑)

今は大分自由に動けるようになった。
ただ傷口はまだ痛いし、
腸が動けば痛い。

でも思ったよりはトイレには悩まされていない。
水便だけど1日7回くらいで済んでるし、
粗相などもまだない(笑)
しっかり我慢もできる。
やっぱりストマになってからも、天然肛門を使っていたせいなのか。
ま、この辺は飯食ったりしなきゃわからない。

そんな感じで、俺は元気です。
posted by ホワイティ at 17:02| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

さて

これから手術行ってきます。
メールができるまで回復したら、
こちらでもお知らせしますんで。

では、うまくいくように祈っていてください!
posted by ホワイティ at 11:30| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

明日

手術に行ってきます。
今回の手術は前回手がつけられなかった、
大腸の病変の切除と、
膀胱との癒着の剥離。

手術自体は思ったほどは大きくないみたい。
問題なのは、その後。
大腸を使い始めて、また不具合がでないかどうか。
あとはその他の合併症。

まあ、考えてもしょうがないんで、
とりあえず明日はリラックスして手術に臨みたいと思います。
posted by ホワイティ at 17:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

カラオケオフ開催!

実は私、MixiというSNSの中で、
「IBDカラオケ友の会」というコミュニティを立ち上げております。
要はカラオケ好きなUC、CDの人集まれといったコミュなのですが。

このコミュニティ、現在約20人ほどが参加している、
まだまだ小さいものなのですが、
小さいながらやる気(?)はあるぞとばかりに、
コミュ立ち上げ1ヶ月目にして本日オフ会を開催いたしましたw

場所は新宿。
メンバーはアズマ、squlko、じゅん☆NOIR、さっちん、あおりんごさん、
そして俺といった、なんかどこかで見たことある人たちw
確か、先月のオフ会のときとメンバーがまるっきりかぶっているような…。

今日はおいら、これからの旅行や入院のために、
まずは髪を切ってからの参戦。
じゅん君やアズマは先に会場入りし、ダーツに興じていたらしいw

午後6時。
全員無事に集まり、オフ会開始。
なんか数人は酒を入れているw

まあ、カラオケに初めて一緒に行く人も結構いたので、
今日はかなり抑え目のメジャー路線な選曲でした。
エ○い歌やアニソンなんて…まさかw

カラオケでのMVPはあおりんごさんだったと思います。
今日も非常にテンションが高く、
ほんとに場を盛り上げてくださいましたw
持ち歌もしっかり聴けたしw

3時間ほどでカラオケ終了。
ここであおりんごさんとさっちんは帰宅。
残った男たちは近くのルノアールで2時間ほど談笑。

家に帰りついたのは日付が変わった後。
でも非常に楽しいオフ会でした。
幹事のアズマ君、幹事丸投げのsqulko君、お疲れ様でしたw

またいろんなメンバー加えてやってみたいな。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

凹んだ

今日はS保病院に遊びに行った。
マイミクのふらっとさんが退院なされるからだ。

そして今日は病気仲間の知り合いがまた増えた。
UC患者の人(Sさんとしておこう)なのだが、とてもいい人で、
家も近かったから帰りは車で送ってくれまでした。
初対面なのに大変申し訳ない。

その車の中での話。

自分が近々手術をすると言う話から、
手術談義に花が咲く。

その中で、Sさんと同時期にオペをした人の話を聞いた。

正直、聞かなければよかったと思った。

ほんとに暗い話なので、これ以降は追記のほうに書きます。
近いうちにオペをする人などは読まない方がいいかもしれません。

続きを読む
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

とうとうこの日が…

本日、入院の予約をしてきました。
今回は自分で望んだ入院です。

そう…、

ついにこのときが…、

来てしまったのです…。


10月31日、ストマ閉鎖のオペが決定しました!


いろんな人からアドバイスをもらいながら、
どうしようか非常に悩んだ末、
オペに踏み切ることにしました。

ただ、執刀を担当するであろう先生によると、
本当なら手術を2段階に分けたほうがいいらしい。
まずはストマを落とさないで腸の切除。
それが落ち着いたらストマの閉鎖と。

ただ、4月に就職を控えている俺としては、
それをやる時間がないというのが現実。
なので多少のリスクを抱えながらも一気にやってしまうほうを選択した。

とうとう、この、

「真っ白な生活〜ストーマ激闘編〜」

にもクライマックスが近づいてきました。

なんとしても、オペの不具合による再ストマだけは避けたいところ。
この続き、乞うご期待。


…ちなみに今日の外来以外について。

肛門科の診察の後、誰かいないかと喫煙所を覗いたら、
ふらっとさんとpooh_da_dartsさんを発見。
そのまま7階に上がったりして、5時ごろまで居座った。

その後は新宿をぷらぷら。
帰り着いたのは10時過ぎ。
オペの前に倒れそうで心配ですw
posted by ホワイティ at 23:53| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

外来結果報告

本日は退院後の初外来。
昼間でたっぷり寝てから、久々に車でお出かけ。

今日はめっちゃ外来混んでた。
診察まで大体3時間ほど待った。
ってか、一番最後だったw

とりあえず、本日の採血結果。

CRP 0.1
ヘモグロビン 10.8
白血球 3300

となかなか順調。
なぜか肝機能が結構高かったけど、まあ様子見。

そして、もうかなり前にやったカプセル内視鏡の結果がやっと出た。
緊張しながら、K先生の話を聞く。

先生「うーん、ポツポツと小さい潰瘍はあるけど、
 大出血を起こすような大きな病変はないね」

…。
小腸造影や胃カメラとほとんど変わらぬ結果に唖然。
じゃあ一体何が原因だったんだ!?

先生が言うには、虚血性の潰瘍があった可能性があるらしい。
血流が悪くなることで潰瘍が出来て、そこから出血するらしい。
そしてその潰瘍はすぐに閉じてしまうことが多いため、
内視鏡で見る頃にはなくなっていた可能性があるとのこと。

うーん、しかし内視鏡でそういうのが見えなかったのだから、
確定というわけでもないし、なんかしっくり来ない。
まあ、今は特に問題ないという結論。

そういえば、カプセル内視鏡は予想以上に早く排出されていたらしい。
小腸の撮影時間は、なんとたったの1時間w
胃を通ったりすることを考えても、2,3時間でなくなっていた模様。
つまり、検査は午前中には全て終わっていたwww

でもほんとに全然わからなかったんだよなぁ…。

最後に、いよいよストマを閉鎖する手術についての相談。
一通り先生からリスクなどの説明を聞く。
まあ、リスクといっても、縫合不全や癒着など通り一遍のものだった。

とりあえず、手術するしないなども含めて、
一度大腸肛門科の先生と話をすることになった。
来週の木曜に外来受診予定。

こんな感じで外来終了。
終わった時間は6時半。
病院に着いたのが、2時45分くらいなので、
約4時間ほどかかった…。

んで、終わったあとは、今日はたくさん来ていた患者仲間と談笑。
全てが終わって病院を出たのは、なんと9時半w
ってか、面会時間完全にオーバーしました。

あー、ほんと疲れた。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

退院して二日

帰ってきたらいきなりカレーがあったことは、
まあ軽いハプニングでした。

でもそのカレーには手をつけませんでしたよ。
退院初日は、くたくたに煮込んだうどんと、大根の煮物、
こうや豆腐で済ませました。
てかうどん、1玉も食べられなかった…。
許容量が減っている…。

そんな感じで、毎日うどん食べてます。
もはや汁もなくなるほどに煮込んだうどんばっかり。
ま、お粥はあんまり好きじゃないからいいかな。
うどんの味も出来る限り変えてるし。

もちろんエレンタールも継続中。
一日一食はエレンタール。
これを期に不良患者も引退しようかなw
posted by ホワイティ at 23:17| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

退院決定

今日、土曜日に退院することが決まりました。
今回の入院は約三週間。
でもプレステ2を持ち込んだおかげで、
ずいぶん暇を潰せたな。

とりあえずまだカプセル内視鏡の結果は出てないけど、
外来で聞くことになった。

飯も五分粥で退院。
家に帰ってから、大丈夫なのかかなり不安。
でも先生、食事上げないって言ってたしなぁ。

なんにせよ、やっと家に帰れます。
お見舞いに来てくれた人たち、
心配してくれた人たち、
どうもありがとう!
posted by ホワイティ at 22:53| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

鼻注日記 その6

機械がうるさい。
すぐにエラーを訴える。
しかもそのエラー音がでかすぎ。
夜中にやっているので、めちゃくちゃ迷惑だと思う。

やっぱり、やるの夕方くらいに変えようかなぁ。
posted by ホワイティ at 22:25| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

鼻注日記 その5

昨日は無事鼻注終了。
朝に自分で洗浄して、全て完了。
まあなんとかなりそうな予感。

今日も夜中にゆっくり時間をかけてエレンを落とす。

明日からはやっぱり邪魔だから夕方にしよーかなー。
posted by ホワイティ at 21:55| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

鼻注日記 その4

今日はもう看護師さんの監視もなく、
一人で全部完了。

とりあえずゆっくり一晩かけて落とします。
なんで、とりあえず報告だけ。
posted by ホワイティ at 22:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

鼻注日記 その3

今日は自分で一から準備した。
無言で俺を見つめる看護師さん。
…なんか恥ずかしい。
せめてなんか雑談しようよw

今日は四時間ほどかけてエレン2パックを流した。
正直、作って飲んでしまえば数分なのに、
なぜ数時間も不快な思いをしなければいけないのかと思ってしまう。
せっかちな俺にはそういう意味で合ってないかも。

無事に流し終わったあとは、片付けまでやる。
明日からはもうほとんど一人でもできそうだ。

明日は夜中に寝ながらやってみる予定。
posted by ホワイティ at 22:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

鼻注日記 その2

今日はいよいよエレンを注入した。

まずは昨日の手順通り、鼻から管を挿入。
問題なく入れられた。

ところがホンプがエラーになってしまい、
全然作動しない。
今回は初めてなので、看護師さんがほとんど手伝ってくれていたのだが、
その看護師さんが困ってる。

機械が悪いのかということで、
わざわざ用度課まで行って交換してきていた。
その間、鼻に管を入れたまま放置プレイw

しかし機械を変えても動かない。
段々上のほうの看護師さんが集まりだす。

ところが原因はあっけないものだった。
チューブが正しく機械にセットされていないだけだった。
なんでそんなことに誰も気付かないのか…。

なんにせよ、その後は何事もなく終わった。
明日はチューブとか一式の洗浄かな。
posted by ホワイティ at 21:57| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。