2006年08月29日

鼻注日記 その1

今日からエレンタールの鼻注の練習開始。
今日やることは鼻から管を入れる練習。
管って小腸造影のに比べると、
ずっと細いのね。

一通り説明を聞いた後に実践した。
鼻から入れて、ゴックン、ゴックン。

…意外とすんなり入った。
なんか鼻はムズムズするけど。
空気入れて確認しても、
ちゃんと胃に入ってる。

今日はこれで終わり。
所要時間五分。
実際にやった時間約一分。
まあ、こんなもんか。
posted by ホワイティ at 18:41| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

カプセル内視鏡

先日の小腸造影で出血の原因がわからなかったので、
昨日はカプセル内視鏡をやった。
ただこれは現在の病院ではできないため、
朝から五反田のほうまで出かけた。

ちなみに研究目的の検査なので、
自己負担金はないらしいw

朝七時半。
病院を出ようとしたら、突然の大雨。
いきなりやる気をなくす。
五反田に着いても一向に止む気配なし。

なんとか病院にたどり着き、内科で初診手続き。
すると、なんか話がうまく通ってないのか、
内科受付ではそんな話知らないといった感じ。
意志疎通の悪さにまた萎える。
ここで帰れと言われたらどうすんのか。

それでも九時過ぎには検査開始。
お腹にべたべた心電図みたいなのを貼りつける。
これは結構かさばるなぁ、シャツ持ってくりゃよかった、
とか考えていたら、
更に大きなレコーダーまでくっついてきた。
服になんか収まるはずもないし、
とにかく目立つ。

検査開始一時間したら、あとは好きにしていいらしい。
これでどっか行くのか…?
でも七時間以上もここにいてもしょうがないし。

ってわけで、新宿に行くことにしやした。
胸のレコーダーはカメラのように、いっそ堂々と表に出しましたw
…でもめっちゃ重くて暑いよ〜。

新宿で映画でも見ようと散策。
体力ないのに無謀な行為。
コマ劇前にではロクなのやってなかったり、
時間があわなかったので、
スカラ座まで足をのばす。
そこでも結局見たいのがなかったので、
仕方なく近くのマンガ喫茶へ。
午後三時くらいまで、時間を潰した。

そのあとはちょっとした買い物。
前に修理に出していた靴を受け取ったり、
ヨドバシでMP3のアダプター買ったりしてた。
なんかものすごく体力使ってしまった…。

午後五時ちょうどに病院に戻ると、看護師さんが機械を外してくれた。
看護師さんに結果はどれくらいか聞くと、
2週間はかかるかもと言われた。
読影にはかなり時間がかかるらしい。
ましてや違う病院の患者だしなぁ。
一体、いつ原因が解明されるんだか。

とりあえず、検査自体はそこまで苦痛はなかった。
ただ暇と体につけた機械がつらいかも。

それよりも、検査が終わってずいぶん経つが、
未だにカプセルが排泄されない。
ストマだから検査終了前に出ちゃうかもとか言われてたのに、
一体どういうことなんだ?
めっちゃ怖い〜。
posted by ホワイティ at 09:36| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

本日は小腸造影なり

夜は眠剤のおかげでぐっすり眠れ、
起きたら昼から小腸造影。
あーめんどくせ。

小腸造影、今日はK先生じゃない。
でもK先生よりうまくない?
あっという間に管が開通した。

検査時間も30分かからず終了。

結論としては、前回のときと大して変わらず。
造影では変わった病変は見られないそうな。

そんなわけで、明後日カプセル内視鏡をやることにナリマシタ。
しかもわざわざ朝早くから五反田のNTT病院に行かされて。

さらに内視鏡のみこんだあとは八時間ほど放置されるらしい。
その間なにしていろとおっしゃるのか。

とりあえず、退院まではしばらくかかりそうだ。
posted by ホワイティ at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

輸血が終わって

大分楽になった。
起き上がったときの頭痛もなくなり、
少しくらいなら歩いても支障ない。

ってことで暇な生活に突入しました。
今回はPSPに加え、PS2まで持ち込んでいるので、結構万全。
それでも会話ってもんがほとんどないから、やっぱ辛いなぁ。

とりあえず明日は採血。
輸血でどれだけ回復したかの確認。
血が止まってれば、週の後半にでも小腸造影。

ただ前にやってから、二ヶ月しかたってないんだよなぁ。
しかもこれで原因わからなかったときが怖い。
そのときは小腸のダブルバルーン内視鏡かカプセル内視鏡をするっぽい。
ただそうなると、S保ではできないと言われてしまった…。
posted by ホワイティ at 22:32| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

初めての輸血

2日の朝。
止血剤のおかげか、出血は収まった。
しかし採血の結果はおもわしくない。
ヘモグロビン5.6まで低下。
体を上げるだけでひどく頭が痛む。
貧血による酸欠のせいだろう。
もちろん歩行禁止。
トイレも車椅子で行くはめに。

おかげで朝いきなり輸血決定。
輸血量は1200cc。
昼頃から四半日かけて決行。
最初に輸血用の点滴をK先生に失敗されて、軽く鬱。

しかし輸血の力はすごい。
半分入れたあたりから、体を起こしても頭は痛まなくなった。
一気に回復したような感じ。
ただ副作用は怖いけど…。

それでも腸を安静にするためと、
検査のためにしばらくは絶食して入院。
最低2週間は入院するだろうとのこと。
来週はインターンシップなどもあったのに、
全てがパーだ…。
posted by ホワイティ at 10:52| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

大量下血と初救急車と友情

最近どうも便が赤黒い。
でもふらつきも痛みもない。
なので食事を減らしたりはしていたが、
半ば放置していた。

ところがやはり赤黒い便は危険信号だった。

昨日は友人と我が家で遊んでいた。
若干頭がボーッとする感覚があったが放置。
これが最後の警告だったのか…。

夜に近くのサイゼリヤで夕食。
一応、食べるが控え目にしていた。

食後雑談をしていたが、どうも頭がクラクラする。
こりゃ明日からは完全に絶食して様子を見よう。

九時頃に帰ろうと会計に立ち上がる。
店の出入り口まできたところで、容体急変。
頭がクラクラして、世界が回りだす。
気持ち悪くてとてもじゃないが立っていられない。
身体中から汗が吹き出した。

とりあえず店の待合用の椅子に座ろうとしたあたりで、
目の前がブラックアウト。
気が付くと床に倒れていた。

椅子に座ってじっとしていると、幾分マシにはなった。
そしてどうやら店の人が救急車を呼んでくれたらしい。
救急車を待っている間に、ストマに溜まったものを出すためにトイレへ。
しかしやはり立ち上がると世界が回る。
友人に肩を借りてなんとかたどり着く。

トイレで溜まったものを出すと、やはり赤黒い。
これは確実に貧血だろうと確信。

ここで救急車到着。
意識ははっきりしていたので、自分で状況や病気のことを説明。
かかりつけのS保病院に運んでもらえることになった。
それと親にも自分で電話した。

一番気がかりだったのは友人たちのこと。
わざわざ俺んちまで来てこんなことになってしまって、
ほんとに申し訳なかった。
夜も遅いので彼等のことは親父に任せて、
俺は母親と救急車で病院へ。

初めての救急車は特に覚えてない。
特に何の処置もしなかったし。
気持ち悪いから、ボーッとしてた。

病院に着くと当直の先生が対応してくれた。
とりあえず採血とルート確保。
もしかしたら輸血になるかもとのこと。
その辺は明日K先生と相談らしい。

採血の結果はほどなく出た。
ヘモグロビンの値を聞いて愕然。
2週間前の採血では13以上あった。
(成人男性の正常値は14以上だから、
これでも少し低いけど)
ところが今日の結果は6.9。
前回の半分近く。
かなり出血していたようだ。

そんなわけで緊急入院決定。
しばし絶食して様子見とのこと。
来週は大事な予定があったのに…。

夜の11時頃、病棟に移るとき、
救急の看護師さんがこんなことを言った。

「付き添いの人、たくさんいるのね。
5人も来てますよ。」

え?一緒に来たのは母親だけのはずしゃ。
あとから親父と妹たちが来たとしても4人にしかならないよ。

外に出ると、両親の隣に、
なんと今日一緒に遊んでいた友人3人もいた。
心配して親父の車で病院まで来てくれたようだ。

正直めちゃくちゃ嬉しかった。
あまりに嬉しくて、びっくりして泣いてしまった。
ほんといい奴らだ。
こんな奴らが友達でよかった。

病棟に移ると、すでに就寝時間は過ぎていたので、
あまり両親とも友人とも話はできなかった。
とりあえずは止血剤を点滴で入れて明日を待つ。
posted by ホワイティ at 18:06| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

外来報告

昨日は胃カメラの結果を聞きに外来へ。
今回は事前の採血とかもなかったので、予約時間ぎりぎりに行った。

それでも1時間半くらい待たせれて診察室へ。
昨日は誰も知り合いがいなかったので、めっちゃ暇だったなぁ。

診察の結果、やはり大きな病変はないらしい。
十二指腸にちょっとアフタみたいなところはあるが、
それでも出血するようなものではないらしい。

うーん、じゃあ一体何が原因なのだろう。

それとストマ閉鎖の手術について話してきた。
時期的にはそろそろやってもいいのだが、
手術するとなると、大腸の切除、癒着した膀胱の剥離と、
結構大きな手術になるそうな。
入院期間も2ヶ月弱はみなけらばならないらしい。

しかもその手術をしても、また悪くなる可能性だってあり、
再々手術でストマ復活なんてことだってあり得る。

しかし就職してしまうと、
しばらくはストマ閉鎖手術の時間など取れなくなってしまう。
もしやるならば、就職前しか時間はない。

先生には10月くらいまでゆっくり考えなさいと言われた。
さて、どうしようかなぁ。
どの選択が自分には一番いいのだろうか…。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

胃カメラ

朝6時半起床。
今日は9時から胃カメラの検査のためだ。
こんな時間に起きたのはほんとに久しぶり。

台風が接近していると聞いたので、正直行く気が失せかけていたが、
雨は降っているものの風はないから行きました。
ちなみに足は車です。

俺の見通しが甘く、予想以上に時間がかかってしまった。
8時半に受付といわれていたが、着いたら9時丁度。
急いで内視鏡センターへ。

特に怒られることもなく、前処置をする。
胃の泡立ちを抑える薬を飲み、
ブスコパンの筋肉注射、
そして喉の麻酔。

9時半ごろ、検査開始。
ちなみに検査を実施したのはK先生ではなかった。

喉を通っていくカメラ。
今日は反射が全然起こらなくて、
一回おえっときたけど、それ以降は特に苦しくなかった。
今までで一番楽だったかも。

今日はいろいろ心配だったから、ちゃんとカメラのモニターを見ていた。
胃は特に問題ないっぽい。

十二指腸に入る。
なんか白っぽいところがちょこちょこ見られる。
アフタっぽいなぁ。
ここで組織を採取。
胃では採取しなかった。

大体5分ちょっとで終了。
終わった後、先生いわく、
十二指腸がちょっと荒れているが、
特に出血するような病変はなかったらしい。
一応、この病変がクローンのものか確認するために、
組織を採取したようだ。

特に問題なかったのはいいが、
じゃあなんで黒い便が出てしまったのだろう。
小腸造影でもなんにも出なかったし。
うーん、謎だ。

帰りに栄養指導室に行ってきた。
S先生と雑談。
早く就職先を確定させろと怒られましたw

ちなみにこれから新宿で映画見てきますw
posted by ホワイティ at 11:03| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

二重払い?

先日、俺がよく使うネット通販の会社からメールがきた。
俺はここのカードも作っており、
毎月使用額に応じてポイントが付与される。
メールの内容はそのポイントについてで、
どうやら向こうの不手際で、
ポイントが二重に付与されたらしい。
んで、そのポイントは無効にしたりはしないから、
普通に使っていいそうな。
明細を確認すると、確かに600ポイントほど多い。
なんか600円分得したようだ。
こういう不手際ならたまにはいいか(笑)
posted by ホワイティ at 13:08| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

皮膚科受診&退院決定

3日前に点滴を抜いたのですが、
その跡が未だに痛い。
しかもぽっこり腫れてしまい、
昨日は熱まで出た。

そんなわけで、今日は急遽皮膚科受診。
さっき行ってきました。

すると…

「もう抗生剤飲んでるし、特に問題ないんじゃない。」

以上、終了。
ただ風呂はしばらく避けるようにとのこと。

んで、皮膚科も問題なく、
今は飯も食えているので、
明日退院ということになりました。
およそ2週間弱の入院だったのに、
恐ろしく長く感じた。
ま、退院してしばらくは魚食べて暮らします。

以上、報告でした。

posted by ホワイティ at 10:20| 東京 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

恥ずかしながら…

くろーん40さんに言われて思い出しました(笑)

今月号のCC Japanという、
クローンや潰瘍性大腸炎を専門に扱っている雑誌に、
自分の体験談が載ったようです。

ようです、とボカして言ったのは、
自分が入院中なので、
まだ確認できていないためです(泣)

しかも実名、顔写真入りで載っています。
さらに、今日病院のS栄養士さんから聞いたところ、
表紙にまで出現しているとか。
今更ながら、恥ずかしい(笑)

て、ことなんで、どうぞよろしくです。
不良患者っぽく書いているので、
批判などもあるかとおもいますが、
それも含めて感想など頂けると、
天にも昇るほどうれしいです。
サイドにあるアドレス宛てでもコメントでも、
お好きなほうで構いませんので。

読みたい人は、三雲社のホムペか、
セブンアンドワイあたりで探してください。
自分と直接の知り合いなら、
言ってくれれば見せますし、
先着一名の方に差し上げます。

俺の他にも、マイミクの蓉さんの体験談も載っているので、
ぜひチェックしてくだされ。

以上、思いっきり宣伝でした(笑)
posted by ホワイティ at 00:08| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(1) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

歯科受診!?

昨日、ガム噛んでたら、
左の奥歯の詰め物が取れました…。
10年以上前に治療したとこみたいです。
それを主治医に相談したら、
今日歯科を受診することになりました。

全く、話題にこと欠かないもんだ。

んで、さっき行ってきました。
特に歯に異常があるわけではなく、
1mmにも満たない虫歯なりかけが見つかっただけなので、
それを治療して、詰め直しました。

しかしいつまでたっても歯医者は慣れない。
数年ぶりにかかったけど、
特に痛いわけでもないのに体がこわばる。

ま、とにかく大事にならなくて良かった。
歯を抜くとか言われたら、
せっかくのご飯も台無しになってしまう。
posted by ホワイティ at 12:16| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

小腸造影2

先程終りました。
結果は特に異常無しだそうです。
んなわけで、明日からご飯が出ます。

しかし、小腸に異常がないのは嬉しいが、
ならば詰まった原因はなんなのだろう?
炎症もなく、熱もないので、全くわからない。
また同じことにならなければいいが…。

それにしてもストーマつけての小腸造影はやりにくい。
検査中にすぐに袋がパンパンになる。
空気も造影剤もあっという間に出てくる。
下腹部に袋がついているので、
そこはあまり圧迫できないし。
できるならもうやりたくない。

とにかく、これで一段落だ。
うまく食事が上がって、週末退院したい。
posted by ホワイティ at 17:27| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小腸造影

…まだ呼ばれません。
もう検査結果が良かったとしても、
今日は飯は間に合わないでしょう。

目の前に届きそうなものがあるのに、
なかなか届かないのはイライラしますね。

…と、そろそろ入院生活にストレスが溜まってきたホワイティでした。
posted by ホワイティ at 15:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

人生苦もあれば…

先日家に一時帰宅したとき、
入院中にたまっていた郵便物を整理した。
すると、とある雑誌社からの郵便があり、
なにか懸賞に当たったのかと思い、
ワクワクしながら封を開けた。
すると…

「厳正な抽選の結果、下記にご招待いたします」
と言う手紙とともに入っていたのは、

映画「ブレイブストーリー」特別試写会

でした。

やった!
俺はこの原作が大好きだから、
ぜひとも行きたいと思って応募したのだった。
当たらないだろうと思っていたら、
当たってしまった。
入院中でもいいことあるもんだ。

これ来週の水曜なので、それまでには退院しないと…。

あ、MRIの結果出ました。
小腸には問題ないらいしのですが、
なんか盲腸の辺りに炎症があるとか…。
ちょっと意味がわかりませんが、
これはしばらく様子見らしい。

んで、明日小腸造影をやって、
問題なければ食事開始だそうな。
造影は午後からなので、
早ければ夕食、遅いと水曜の朝からになる。
まあ、なんでもいいから早くご飯が食べたい。
posted by ホワイティ at 16:52| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

結局

食事はまだ再開されませんでしたと。
なぜなら検査結果が上がってこないで、
しかも家に帰ったりしてたんで、
そのまま土曜に突入してしまったから。

てかどうせ後小腸造影やらないと、
食事は再開しないみたいだし。
カルテにそう書かれてるらしい(泣)

でもよくわからないことに、
点滴が一日五本から四本に減りました。
意味がわかりません。
なぜ点滴の量だけ減らす?

答えは簡単だった。
単に主治医がラコールまたはエレンの
処方をするつもりだったのに、
忘れていたからだった(泣)

ってわけで、空腹のまま月曜まで過ごします。
入院中の土日ってほんとに退屈だから嫌い。
posted by ホワイティ at 23:51| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

現在の状況

空腹感が最高潮。
とにかく腹が減った。
昨日鼻からの管も抜け、
腸も順調に動いているようだ。

そして元気になってきたので、非常に退屈。
緊急入院で来てしまったので、
暇を潰すための物がなんにもない。
売店には読みたい本がないし。

以上が元気になってきた俺の現在です。

ちなみに今日はこれからMRIの検査。
結果次第では飯が出るとか出ないとか。
検査後は一度家に帰る予定。
posted by ホワイティ at 13:59| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

入院までの経過

6月12日の朝、軽い腹痛で目が覚める。
昨日少し食べ過ぎたので、軽い胃炎だと思い、胃薬を飲んで二度寝。

数時間後、だんだん強くなってきた腹痛に違和感を覚える。
食事は固形物を食べる気がしなかったので、ラコールを飲む。
そして病院に行くことになってもいいように、
痛みを堪えながらメガネの修理に行った。

昼過ぎ、とうとう堪えられなくなり、親に助けを求めた。
仕事中にも関わらず来てくれたので、一路S保病院へ。
車の中、病院の待合室と問わず、痛みで声が出る。
時間がたつほどに痛みが増すようだった。

病院では救急外来だったためか、かなり待たされた。
しかも先に検査しろと言うことになり、
痛い中レントゲンとCTを撮った。
そして緊急入院と言うことになり、病棟に上がる。
ここでやっと痛み止を使ってもらえた。
ほんとに死ぬかと思った。

ところが予想通りというか、痛み止の効果が薄い。
それでいてあっと言う間に切れてしまう。
仕方ないので、お腹を温めるなどでしのぐしかなかった。

一本目の痛み止が終わった頃に医師がきて、
胃や腸から異物や空気を出すために、
鼻から管を入れた。
今回はとりあえず太いイレウス管ではなく、
胃まで入る細い管で様子見。

当日はそんな感じで、
その後も痛みが酷くて、明け方までなかなか眠れなかった。

posted by ホワイティ at 11:32| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

検査結果

腸閉塞のようです。
レントゲンによると、胃と小腸上部がパンパンになっているとのこと。

でも急いで手術する必要はないそうなので、
しばらくは絶食して、鼻から管通して様子見です。

二日経った今日はずいぶん体調もよくなったので、
そんなに長い入院にはならないかと。
入院当日のことなどはまた後ほど…。
posted by ホワイティ at 12:07| 東京 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

入院しました

突然、原因不明の腹痛に襲われました。
詳細はまた後日…。
posted by ホワイティ at 12:02| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。