2006年08月03日

岡田君に笑わせてもらった@ゲド戦記

今日はゼミの後輩のW辺君こと、
Mixi名つとむ君とゲド戦記を観に行った。
公開間もないのも関わらず、つまらないと言う評判を結構聞いたので、
真偽のほどを確かめるために行って来ました。

とりあえず、いきなり感想を言ってしまうと…。


評判どおりだった


少なくとも俺にはそう感じられた。

とりあえず、絵はいい。
相変わらず、ジブリって感じだったし。

歌もテルーの歌はいい曲だと思ったし、
悪くないんじゃないかな。

悪かったのはまずは声優の選択だね。
俺は元々俳優やアイドルが声優をやることに反対な人間なんだけど、
それを抜きに考えても、岡田准一はないと思った。
セリフは棒読み出し、下手もいいとこだった。
あまりの棒読みっぷりに、途中笑ってしまうところだった。

岡田准一が悪かったせいか、他はあまり悪いとは感じなかったかな。
手嶌葵はちょっと微妙だったけど。

それと、話の内容とか演出もだめ。
内容を詰め込もうとしてたのか、とりあえず意味のわからない仕上がり。
演出も全く褒められない。
最後までどこが盛り上がるシーンなのかすらわからなかった。

同じ第一作で、どうしても親父と比べてしまう。
風の谷のナウシカはもっと面白かったと思う。

宮崎作品にはいつも何かしらの教訓というか、
メッセージのようなものが隠されていると思うのだが、
これについては隠されているどころか、それが前面に出ている。
っていうか、出すぎなので逆に興が冷める。

この映画は本当にCMだけで全てを語っている気がした。

ってわけで、俺の評価はとても低いです。
映画館に足を運ぶ必要はあまりないかと。

…逆の感想を持った人、ごめんなさい。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

髪の毛の不思議

散髪してて感じたこと。
前回髪を切ったのは、退院して間もない頃。
このとき、美容師さんに指摘されて気づいたのだが、
横や後ろの髪はかなり伸びていたのだが、
前髪だけは全然伸びていなかった。
いつも2ヶ月くらい開けるとどうしようもないくらいまで伸びるものなのだが、
そのときは全然伸びていなかった。

んで一昨日。
1ヵ月半空けて髪を切ったんですが、
その時は普通に前髪はうっとうしいくらいまで伸びていた。
はて?どういうことだろう。

やっぱり入院したことが関係しているのか。

それとも薬が関係しているのか?
抗生物質とかって、髪の毛の成長を邪魔する作用があるなんて聞いたことないが。

美容師さんは冗談交じりに、
ずっと寝ていたせいで前髪は伸びなかったんじゃないの、
と言っていたが、案外その通りだったりして。
posted by ホワイティ at 23:59| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

金田一少年の事件簿

本当はもっと早く書こうと思ったんだけど、
ブログに色々問題があったため、かなり遅くなりました。
色々ご迷惑おかけします。

で、本題なんですが、
率直な感想としては、思ったよりはよかった。
何気に亀梨金田一もありなのかと思ってみたり。
前作が悪過ぎたせいで、変な先入観があったのかもしれない。
まあ、よかったものはよかったと、素直に評価しますよ。

ただやっぱり原作からは離れてみたほうがいい。
キャラの設定とかも1からやり直していて、
最初から「金田一少年」を作ろうとしている。
その脚本自体は、既存のものを、
昔のドラマを含めて壊そうとしていて、それはそれでいい。

ただ上野樹里はちょっとよくなかったかも。
演技があんまりうまくなかったように思えた。
一と美雪が陸上部という設定もちょっと無理があった気がする。

そのほかのキャストは結構よかった。
加藤雅也の剣持は、ちょっと固すぎる気もしたが、やっぱ渋い。
えなり弟や星野真里も結構好き。
篠井英介が出たときは、ちょっと笑ってしまった。
あの人はいろんな役ができて、俺の中では名脇役としてかなり評価が高い。
何気に加藤ローサとかも出てたし。

しかし、これを連続ドラマで見たいかというと、ちょっと微妙。
2時間ドラマだから、表現しきれたのだから、1時間ではきついと思う。
だからと言って、前後編は嫌だ。
見逃すと凹むし、待つの嫌いだからw
往々にして、こういうドラマはシリーズ化するとつまらなくなったりするし。
でも今日のドラマを見ていたら、そのうちシリーズ化しそう。
まあ、それはそれでいいのかもしれないがw

今日のドラマを見て、妹が陸上のシーンを見てキレていたw
あんな走り方の陸上選手などいないと。
妹は陸上部なので、許せないようだ。
エキストラもひどかったらしく、
エキストラくらいまともなのを使えとも言っていた。
俺がバレーボールをやっていたので、
アタックNO.1が許せなかったのと同じようなことなのだろう。
posted by ホワイティ at 04:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

真救世主伝説 北斗の拳

来年の3月に北斗の拳が復活するらしい。
しかも劇場版アニメでだ。
サブタイトルは「ラオウ伝 殉愛の章」。
新世紀の北斗の拳と言うふれこみだ。

しかもこの北斗の拳の復活劇はかなり壮大だ。
映画一本で終わりではなく、2008年まで続けざまに公開するらしい。
その数、全5作品。
ただ、この中には劇場公開ではなく、OVAで発売するものもあるようだ。
今のところの製作予定はこんな感じ。

■ラオウ伝 殉愛の章(2006年3月公開)
■ユリア伝(OVA 2006年冬発売)
■ラオウ伝U 激闘の章(2007年公開予定)
■トキ伝(OVA 2007年冬発売)
■ケンシロウ伝(2008年公開予定)

製作は、北斗の拳の作者自身が立ち上げた、ノース・スターズ・ピクチャーズ。
どういうものになるか楽しみだ…、と言いたいところなんだけど、
声優のキャスティングを見て、ちょっと待ったと思った。
まずケンシロウ役が、俳優の阿部寛。
ラオウ役が、これまた俳優の宇梶剛士。
ヒロインと思われるレイナ役には女優の柴咲コウ。

うーん、なんとも豪華だとは思うが、
はたして声優が本業じゃない彼らにうまく演じてもらうことができるのだろうか?
いっそ実写でやるなら、彼らでもいい気はするけどさw
特にアニメの北斗の拳を知ってる世代は、神谷明の印象が強いしさ。
この前、小説版の北斗の拳のOVAが出たので、見てみたが、
そのときもケンシロウは神谷明ではなかった。
子安武人という、最近有名になってきた声優だったのだが、
結構あっていたにもかかわらず、最初はやっぱり受け入れがたかった。
そのときのケンシロウの敵役をGacktがやっていたのだが、
予想通りちょっと酷かった。

もちろん俳優とかで声優やってもうまい人はいる。
だから期待はしてもいいのだろうけど、やっぱり不安。
昨年復活した、聖闘士星矢のように、昔の声優のままでもよかったような。
神谷明もまだ現役で声優やってるんだし。

とにかく、北斗の拳復活は俺にとってはうれしいことなので、
しばらくは見守っていたいと思います。

ついでにもう一つ。
映画制作に伴って、信託型の投資ファンドを作って投資家を募集するとか。
一口10万円からで映画制作に参加できると言う触れ込み。
詳しくは三井住友銀行グループのSMBCフレンド証券で。
http://www.smbc-friend.co.jp
posted by ホワイティ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

研究室にて

今日はバイト先である、先生の研究室からの初めての更新です。
なぜバイト先でこんなことしているかというと、
もう仕事がなくなって、暇になってしまったからですw
先生は目の前で忙しそうに仕事していますが…。
さすがに専門的なところまでは手は出せないので、静かに見守ります。
…と思っていたら、先生はネットサーフィンしてましたw

なんかブログのほうを二日も更新せず、放置してしまった。
理由は、一昨日から昨日にかけて、秦野に行っていたからです。
もうやめた部活なんですが、それの合宿に参加してきました。
と言っても、運動はできないので、後輩に会いに行っただけです。
みんなが練習しているときは、俺は部屋でお勉強w
さらに昨日は朝から女子部が練習試合があるらしく、
足に使われていました。
頼まれると、嫌とはいえなくてさ♪

んで、後輩のほかにも、3つ上の先輩に会ったりして、
満足しながら帰ってきたのですが、
非常に疲れていたため、昨日も更新できず。
さらに同乗した奴から、ガソリン代とかもらうの忘れてた。
そして今日に至ります。

受験前で特にネタもないので、昨日やっていたテレビに感化されたことを。
昨日、全国名字ランキングとか言うのをTBSでやっていたので、
自分の名字が何位なのかが知りたくて、やってみました。
結構珍しいはずだから、相当低いだろうと思ったら、
意外にも2700位くらい。
世帯数にして1000ちょっと位ある模様。
へぇ、こんなにいるんだと、ちょっと意外。
以前、テレビで同じ名字の人を見たことはあったけどね。

面白いのでやってみては。↓
http://park16.wakwak.com/~dekoboko/hobby/myouji/
(TBSで紹介されたサイトとは違いますが)

と、研究室からこんな話題でごめんなさい。
今日は給料日♪
posted by ホワイティ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

罪と罰

俺の罪
それはストレスが溜まっていたとはいえ、
web上と言う、検索すれば人が容易に見ることができるような所で、
友人たちの誹謗をしたこと。

俺の罪
例え本人にその気がなくとも、そのような場所で、
人が不快になるようなことを書いたこと。

俺の罪
そんなつもりはなかったとは言っても、
結果としてそれらを面白半分でしていたこと。

俺の罪
言いたい事がはっきりと言えず、一人うじうじと悩んでいたこと。
その心境すらも裏で書いていたこと。

俺の罪
病気を笠にして、自分は多少のことなら許されると、
調子に乗っていたところがあること。

巻き込んでしまった、全ての人に、この場を借りて陳謝したい。


過去の記事、人を呪わば〜の関連。
やはりどうしても気分を切り替えようとしても、頭から離れていかない。
特に独りでいるとき。

そんなわけで懺悔の意味も込めた謝罪の文章。
確かに人格を疑われかねないことをしている。
詰るなら詰ってもらって構わない。
これで俺の立場が悪くなろうと、それも自分が招いたこと。

わざわざ掘り返す意味なんてないのかもしれない。
しかしこうなった以上、そのまま平然としているほうが、やはり耐えられない。

しかし、こんなことをして失敗を取り除けるわけでもない。
恐らく、ただの自己満足でしかないだろう。
ただもう二度とはこんなことはしないと、
文章にしてみて、改めて思った。
posted by ホワイティ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

人を呪わば穴二つ

とはよく言ったものだ。
意味としては、他人を呪って殺そうとするときは、
自分の墓穴も必要だということなのだが、
要は他人を貶めれば自分にも返ってくるということだ。
因果応報ともいうのだろうか。

俺はこれで過去に何度か失敗をしている。
中学生のとき、どうしても気に入らないやつがいて、
そいつに対する悪口ばかり言っていたら、
逆に自分が友人を失う羽目になってしまったことがある。
(まあ、最終的には和解して、すべては収まったのだが)
それ以来、極力他人の悪口は言わないようにしていた。

それが悪いことに、つい最近もそれと似たようなことが起こってしまった。
全ては俺が人目につくようなところで、
他人を謗るなど、変なことを言ってしまったのがいけないのだが、
やはり、事態は深刻になってしまった。
あまり詳細を書くことはできないが、その辺はご容赦を。

全く、何度同じ失敗をすれば気が済むのか。
俺自身が人間として成長していないのか。
もはや悔やんでも悔やみきれない。
政治や経済的なことをいい気になって書いているような、
そんなことができる立場にすらないのかもしれない。

今回のことは、今度こそ本当に深い教訓として俺の心の中に残った。
このブログの内容に変化があるわけではないかもしれないが、
俺自身のこれからの生き方には間違いなく、いい影響を与えるだろう。
そうでなくては、この経験も無駄になってしまう。
それではあまりに悲しい。
posted by ホワイティ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

人をまとめる難しさ

自分は3年生のころから、何故かゼミ長をしている。
4年生がいるのになぜという疑問は置いといて、
人をまとめるのは本当に大変だと思った。

3年生がゼミ長をやると言うことは、4年生もまとめなければならないと言うことだ。
しかしやはり年上。
あれしてくれ、これしてくれとも言いにくい。
強く出るのもためらわれる。

これは俺のなかに年功序列という考えがあるせいかもしれない。
俺は年上にタメ口などを利くのには抵抗がある。
まあ、年上でも同じ学年なら話は別だが。
(それでも最初は敬語になってしまうこともあるが)
それは中学から部活に入っていた中で育まれてきたのかもしれない。

それに人間、考えていることはばらばらである。
それにゼミと言う性質上、求めていることもばらばらである。
部活などの場合、入ったときから先輩の言うことは絶対であり、
それに従うことを前提に入ってくるので、統制もしやすい。
しかしゼミはある程度の希望はあったにしろ、
そんな統一した意識はあるはずもなく、
それにほとんどが初対面の人たちである。
単位がかかっているのだから、気に入らないならやめろと言うわけにもいかない。
それにそもそもそんな権限はない。

まとめる役というのは、ある程度の権限があるからこそ出来るものだと思う。
そんなものがないのに従う人間もあまりいない。
もともとがあまり知らない人なのだし。
しかし自分のようなゼミ長にはそんな権限はない。
それでいて、名目上はゼミ長なので、いろんな役は回される。
それでその役をこなすわけだが、なかなかみんなはまとまらない。
権限もないので強制力もなく、先生に頼んで強権を発動してもらうくらい。
ある程度はまとまっても、酒とか飲んだら制御は不能になるし。

そうなると各々の協調性や自主性に任せるしかない。
その上で全く協力しない人間は切り捨てるしかないのだと思う。
幸い自分はそこまでの事態にはまだ遭遇していないが。
そうならないためにも、各人の協力と言うのは不可欠である。
協力や協調なしに不満などをぶつけられても困るだけである。
こちらも全力を尽くしているのだから、相手も出来ることはやってほしい。

そんな意識がない上では責任者とはただの体のいい雑用である。
自分がなんにも協力するつもりがないなら、
そのままずっと傍観者でいてほしい。

自分はずっと苦しい思いはしてきたが、
幸い3年生のときはみんなが協力してくれたので事なきを得た。
今の状況はどう転ぶかは分からないが、
最後にはやってよかったと思えるようになりたい。
posted by ホワイティ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

イデオロギー

先日小学校時代の友人から久々に電話が来た。
7月になったらみんなで遊びに行こうと言うものだった。
しかしこれには裏がある。

その友人とは昨年の夏にも遊ぼうと誘われ、出かけたことがある。
そのときの趣旨はなぜかみんなで選挙に行こうというものだった。
最近の若い人は選挙に行かないから、
自分は率先してみんなに声かけてるんだと言われた。
そのときから嫌な予感はしていたが、
久々に懐かしい友人に会えると思ったので誘いに乗った。

そして実際、その予感は当たった。

みんなが集まると、その友人はとある政党の美点ばかりを話すようになった。
そしてそれ以外の政党の批判も熱く語っていた。
某政党のこの候補は福祉に力入れてるだ、
この政党は過去にこんなことをしているから信用できないだとか。

そのまま投票所へ行くことになったのだが、結局は誰も投票しなかった。
その言いだしっぺの本人すらやらないのだから、当然である。
そいつはただみんながドコに投票するのかを知りたかっただけなのだろう。
そして自分の支持政党に入れるよう誘導したかったのだろう。
(ちなみに実際には不在者投票に行ったのであって、
じぶんはちゃんと選挙日に選挙に行って投票した)

自分は親とも自分の支持政党の話なんかしたことはない。
ましてや選挙でどこに投票したかなんてのは、わが家ではタブーである。
小さいころに親にどこに投票したのと聞いても、教えてくれなかった。
何故かと問うと、
そういうところの違いは、争いの種になるので、
話してはいけないんだと言われた。

自分はそういう環境の中で育ったので、こう考えるのかもしれないが、
やはり選挙でどこに投票するのかって話はするべきではないと思う。
それはもちろん政治の話をするなってことではない。
どこに投票したとかはそれぞれの問題であって、
他人が干渉するべきではないし、
すでに投票してしまったことを論じても仕方ない。
争いの種を植えるに過ぎないのだ。
そしてこの種の争いは、決定的な亀裂を生んでしまう危険もはらんでいる。

宗教やイデオロギーの差は争いや差別をもたらすことが多々ある。
宗教やイデオロギーの差で戦争してる話なんか、腐るほど聞いたことがある。
国ですらそうなのだから、個人にも十分ありうることだし、実際ある。

自分の支持政党を持つことはいいことである。
しかしこの手の人間は政治に興味があるからとかではない者も多数いる。
それでいて他人に美点ばかり言って投票させようというのは、
いかがなものかと思う。

それ以前にこういう昔の知人を本当の理由も告げずに集めて、
自分の政党に投票させようというのが気に入らない。
そこが本当にいい政党ならそんな姑息な手を使わなくたって、
票は集まるはずである。
(まあそれは国民がみんな投票に行って、
自分の意志で投票しているという仮定の下での話だが。)

7月にも都議会議員の選挙があるようで、
先日の電話口で散々某政党のことを聞かされた。
もはやうんざりなので行きたくもないところだが、
やはり小学校時代のつながりは消したくない。
自分は中学から私立に行ってしまったので、地元の友人は貴重なのである。
それに自分以外のやつらも呼ばれているようなので、
政治の話は聞き流しつつ、遊びに行こうと思っている。
posted by ホワイティ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。